すべてを選択
すべてを解除
close
詳細検索
カテゴリを選択 エリアを選択 並び順を選択 キーワードを入力
GiFUMATiC
MENU
Home>岐阜エリア>食べる>今日はどのジャムにしようかな?彩り豊かな岐阜の旬「季節のジャムsweet-jam」
今日はどのジャムにしようかな?彩り豊かな岐阜の旬「季節のジャムsweet-jam」

今日はどのジャムにしようかな?彩り豊かな岐阜の旬「季節のジャムsweet-jam」2017.3.30

1,297 views

朝ごはんは、パン派ですか?それともごはん派?
今回はパン派の方におすすめの、季節のジャムをご紹介します。
ごはん派の方には、パンに限らない、ジャムの様々な楽しみ方をご提案します♪

かわいいお店の、かわいいジャム

ジャムを求めて訪れたのは、各務原市の「季節のジャム sweet-jam」。

2012年のオープン以来、口コミを中心に評判のジャム屋さんです。

黄緑色の壁が印象的な店内で見つけたのは……

コロンとキュートなサイズのジャム♡

ひと瓶250円前後と、お手頃な価格も魅力的です。

ご家族のためにジャムやコンポートをつくっていた、店主の小林さん。
娘さんのすすめで出店した岐阜市のイベント、「小さなクラフト展」をきっかけに、販売スペースつきのジャム工房をオープン。

小林さん「お客さんは若い人が多い。普通だったら出会えない人たちに、ジャムを通じて会えるのが楽しいんです。

常時10種類ほど店頭にあるジャム。
季節の移り変わりに合わせて、毎週少しずつ入れ替わります。

おしゃべりしながら楽しく試食♪

気になるジャムは試食可能。

クラッカーの上にちょこんと。

定番の「いちご」、「にんじん」、「ミルク」をいただきます☆

最初にジャムだけを少し舐めてみて、次にクラッカーごと食べてみて。
ジャムそのままの味も、クラッカーの塩気でさらに引き立つ甘みも、両方試せます♡

「にんじん」は、野菜というよりもフルーツ!という感じの優しい味。
にんじんは各務原で採れたものなんです。ヨーグルトにも合うんですよ

あ、この「レモンはちみつ」も気になる!
食べてみますか?これはね……
というふうに、小林さんとの楽しいジャム選びの時間が続きます。

(お話は尽きず……気がつくと全部の味を試食……。記事の最後で味レポートしますね)

ジャムづくりのこだわり

小林さんのジャムづくりを、特別に見せていただきました。

こだわりは主に3つ。
1つめのこだわりは、この家庭用のコンロと鍋。
業務用だと火の通り具合が変わり、好みの味ではなくなるんですよ。
つくり手も小林さんおひとりなので、少しずつしかつくれず、マルシェなどのイベントに出展する前には、お店を1週間閉めてジャムづくりに集中することもあるとか。

2つめは素材。
岐阜・各務原の農家の方から仕入れた、旬の果物や野菜を使います。
使う分だけを仕入れて、新鮮なうちにジャムに。
ぶどう、レモン、グレープフルーツなども各務原のもの。ジャムをつくらなければ、各務原で育てられていることも知らなかったです。

いちごは各務原の「濃姫」。こちらをレモン汁と一緒に煮込むと、

こんなふうに。ツヤがまぶしい!

こだわりの3つめは、色。
着色料を使わず、素材そのものの鮮やかな色を大切にしているそう。
色も、食べることのひとつの要素。食卓で家族がジャムを手に取って、『このジャム綺麗!』というふうに、会話が弾むきっかけになれると嬉しいです。ジャムの色は日を追うごとに少しずつ変わっていくので、新鮮なうちに色と味を楽しんでほしいですね。
(保存料も使っていないので、日もちは2〜3週間です)

こまめにアクを取り除いたあと……

竹のような形の器具を取り出しました。それは何ですか?

糖度計です。糖度を測って、ジャムの甘さを一定に保つんですよ。

初めて中を覗きましたよ!
細かい目盛りが見えました。へえ〜こうやって測るんだ〜。

ジャムの色に影響を与えない、白いグラニュー糖で甘さを整えて。

最終チェックを経て完成!
糖度は企業秘密☆

煮沸消毒した瓶に、ジャムを詰めていきます。

事前につくっておいたミルクジャムに重ねると、「いちごミルク」のできあがり♡

瓶が1、2、3、4、5……。
先ほどの鍋一杯で、この数の瓶詰めしかできないんです。
煮詰めるだけで1時間弱かかるとして……。
限られた数しかつくれないことがわかりますよね。
だからこそ、ひとさじずつ、丁寧に楽しみたいジャムです。

様々な楽しみ方ができるジャム

「いちご」は、大きなサイズから売れていく定番ジャム。
たっぷりトーストに塗って食べたいですね♪

いちご 50g/250円、110g/400円

年中置いてある、ミルクを使ったバリエーション。
関牛乳を使った「ミルク」は、ミルクキャラメルのような味。
クラッカーに塗って、はちみつをたらして食べるのもおいしい。
小林さんが手で細かく刻んだアーモンド入り「珈琲 アーモンド」は、ビスケットに挟むと立派なおやつに。
「ラムレーズン」は、多くのリピーターがいるそうです。

ミルク 50g/230円、ラムレーズン 50g/250円、珈琲アーモンド 50g/270円

ミルクの上にフルーツジャムを乗せたシリーズ。
「いちごミルク」も「ラズベリーミルク」も、ベリーの酸味とミルクの甘みの組み合わせが絶妙。
少しずつ混ぜて食べるのがおすすめです。

いちごミルク 50g/260円、ラズベリーミルク50g/260円

似た色同士は、ぜひ試食で食べ比べを。
「八朔」はややビター、「甘夏」はじゅわっと果実感がありました!
チョコ入りのパンと合わせると、オランジェットパンになりますよ。

甘夏 50g/250円、八朔50g/250円

紅玉というりんごの皮と果汁でつくった、クリアピンクの「紅玉のジュレ」。
紅茶に溶かして飲むと、ほんのりりんごの味がします。

紅玉のジュレ 50g/260円

夏が旬のすももは、真っ赤なジュレになるそう。
きれいだろうなあ〜♡

今回は出会えませんでしたが、季節や日によっては、「抹茶ミルク」や「抹茶あずき」、「トマトバジル」、「桃」、「栗」、「ブルーベリー」なども。
岐阜の季節のジャム探し、sweet-jamでいかがでしょうか。

店名 季節のジャム sweet – jam
住所 各務原市那加本町31-6
定休日 月・火・水
営業時間 11:00~18:00
TEL 058-389-2901
WEB sweet-jam.com
掲載情報は2017年3月30日配信時のものとなります。
掲載時と内容が異なる場合がありますので、詳細は直接お問い合わせください。
> 情報の訂正・間違いのご報告はこちら
人気記事ランキング
人気記事ランキング
編集部オススメ記事
編集部オススメ記事
イベント情報
GiFUMATiCとは?
お知らせ
お問い合わせ
post
こんな記事を書いて欲しい!ここの特集をして欲しい!などのご意見、お待ちしております。
※こちらの投稿への回答は行っておりません。

送信前にチェックしてください。

このフィールドは空のままにしてください。

Load More...