すべてを選択
すべてを解除
close
詳細検索
カテゴリを選択 エリアを選択 並び順を選択 キーワードを入力
GiFUMATiC
MENU
Home>岐阜エリア>体験>初めてでも楽しめる!岐阜SAIRIで糸あそび♪
初めてでも楽しめる!岐阜SAIRIで糸あそび♪

初めてでも楽しめる!岐阜SAIRIで糸あそび♪2017.1.19

2,088 views

「糸」と聞いて思い浮かぶのが、縫いもの、編みもの、刺しゅう。
自分でやってみたい!と思っても、初心者にはちょっとハードルが高いもの。
そんな方にぴったりの、「糸あそび」。
友だち同士で体験してきましたよ!

糸の魅力を再発見!

名鉄岐阜駅から歩いて5分。
羽根町にある糸の専門店、SAIRI(サイリ)。

中に入ると、棚いっぱいに糸が並んでいます。

あれ? 変わった糸を見つけましたよ。

ひらひらがついたもの、

ふわふわしたもの、

え!? つぶつぶがついてる!どれもかわいい!!

SAIRIは、京都や東京で有名なAVRIL(アヴリル)の姉妹店。
SAIRIの店主高見さんが、AVRILの創業者福井さんと一緒に糸をつくっていた縁で、AVRILの糸も取り扱っています。
SAIRIの糸も、AVRILの糸も、なんだか個性的。
どうしてだろう?

高見さん「一般的な糸づくりは、何度も均一に製造できることが大切。だから色や太さにムラが出た糸は、商品にならずに廃棄されてしまう。僕は糸が好きで、捨てられた糸にもおもしろい魅力がたくさんあると思ったんです。工夫を重ねて、味のある糸づくりを続けてきました。」

300種類以上ある糸のうち、約半数がSAIRIのオリジナル。
今でも休みの日には、愛知県などの工場に足を運び、現場で糸のアイデアを見つけているそう。

「綿のブレンド、太さ、よりの回数・本数など、組み合わせ次第で加工方法は無限大。糸に触れるとアイデアが膨らむんですよ。」
高見さんのお話からは、糸への愛情が伝わってきます。

均一じゃないからこその、表情豊かな糸。
私も何かつくってみたいな。つくれるかな。

「大丈夫!いきなり編みものにいかなくても、遊びながらつくれるレシピがありますよ」

ということで、先生の塚原さんが加わって、ワークショップのスタートです♪

ゆび編みシュシュとポンポンフラワーに挑戦!

先生、私だいぶ不器用なんですけど……。

塚原さん「簡単にできる、ゆび編みシュシュとポンポンフラワーをつくりましょう!」
初めてでも、先生がいると心強い!

私が使う糸はこちら。
コーンに巻かれた糸は、これだけでも絵になりますよね。
おしゃれなパステルカラーを中心にセレクトしました♪

まずはゆび編みシュシュから。
2種類の糸を合わせ、指でくさり編みをしていきます。

輪をつくった糸に指を入れて、

向こう側にある糸をつまんで、

引っぱって、新しい輪をつくる。この繰り返しを40目分。

一目ずつ、真剣に。

あ、ほんとに簡単。コツを覚えちゃった♪

と思ったらうっかりミス!少しほどいてやり直し……。

40目、編み上がりました〜。

ゴムを通して、端を結ぶとできあがり。

ほら、私にもできましたよ。どやっ(笑)

かかった時間は10分くらい。
糸の種類や本数を変えると、こんなシュシュもできるそう。
組み合わせによって、シュシュのボリュームや表情が変わるのがおもしろい♪

次はポンポンフラワーづくり。
手に糸をぐるぐると巻きつけてつくります。

巻きつける指の本数で、ポンポンの大きさを調整。

糸を始末して形を整えると、なんとなくお花の形が見えてきました。

糸の種類と幅を変えたものを3種類つくり、重ねて固定。

真ん中のパーツにハサミを入れると……

立体的なお花に!

こちらも15分でつくったとは思えないかわいさ。

かばんにつけたり、ブローチにしたりできます。
私はシュシュと合わせて髪につけようっと!

ツイード風ポーチを織ってみた!

さて、わりと器用な私は「織り」にチャレンジ。

生活に欠かせない「布」は、糸と糸が織り合わさってつくられたもの。
自分で織れるって嬉しい!

こちらが卓上の織り機。本格的!!
使い方は、塚原さんがやさしく教えてくださいます。

糸は赤系で選んでみましたよ。

織りは最初のセッティングが重要。
タテ糸の赤い糸を張ることからスタートです。

こまめに仮結びを繰り返して、ぴんと張った糸を緩めないようにするのがポイント。

次に、シャトルという木の道具にヨコ糸を巻きつけていきます。

細い糸1本だと織るのに時間がかかるので、数本合わせて。
自分で組み合わせられるのって、やっぱり楽しいな♪

先ほど張ったタテ糸にくぐらせて、

一段ずつ、ていねいに織ります。

私は調子に乗らないよ(笑)

規則的なリズムで織っていくと、ちょっと優雅な気持ちになってきました。

途中で伸びや、

別の糸あそびで気分転換。

席に戻って糸を始末。
とじ合わせたらポーチの完成!

ツイード風×フリンジがおしゃれ♪
ボーダーの紐は、塚原さんからのアドバイスのおかげです。
マイペースに取り組んで、3時間くらいでした。

スマホとリップを入れるのにぴったりで、早速お気に入りに♪

ポーチのレシピは、今回のために新しくつくってくださったもの。
お店でギフマチックのことを伝えていただくと、同じものが作れるそう。
他の色だとどんな風になるのかな。青や黄色でもおしゃれですね♪

他にも楽しい糸あそび♪

お店の中には、他にも気になる糸がいーっぱい。
太い糸は、ぐるっと結ぶだけで、お子さんが飛びつくおもちゃに変身!

他にもラッピングに使ったり、

お花のポンポンをつなげて、花かんむりにしたり。

工夫次第で、楽しく糸あそびできちゃいます。

いかがでしたか?
一見難しそうでも、手を動かしてみると簡単であっという間!
糸のイメージが変わって、とっても楽しかったですよ。
ぜひSAIRIに遊びに行ってみてください♪

店名 SAIRI
住所 岐阜市羽根町8番地高見ビル1階
営業時間 11:00-19:00
定休日 水曜日・第3木曜日
TEL 058-264-2533
WEB geocities.jp/sairi_2004
掲載情報は2017年1月19日配信時のものとなります。
掲載時と内容が異なる場合がありますので、詳細は直接お問い合わせください。
> 情報の訂正・間違いのご報告はこちら
人気記事ランキング
人気記事ランキング
編集部オススメ記事
編集部オススメ記事
GiFUMATiCとは?
お知らせ
お問い合わせ
post
こんな記事を書いて欲しい!ここの特集をして欲しい!などのご意見、お待ちしております。
※こちらの投稿への回答は行っておりません。

送信前にチェックしてください。

このフィールドは空のままにしてください。

Load More...