すべてを選択
すべてを解除
close
詳細検索
カテゴリを選択 エリアを選択 並び順を選択 キーワードを入力
GiFUMATiC
MENU
Home>飛騨エリア>食べる>飛騨・高山で必ず立ち寄りたいおしゃれカフェ3選!
飛騨・高山で必ず立ち寄りたいおしゃれカフェ

飛騨・高山で必ず立ち寄りたいおしゃれカフェ3選!2016.6.3

8,445 views

高山を訪れたら必ず立ち寄りたいおしゃれカフェ3選!

県内外からはもちろん、海外からもたくさんの観光客が訪れる飛騨高山。
古い町並みを散策したら、素敵なカフェでひと休みしたくなりますよね。
そんな時に必ず立ち寄りたい、おしゃれなカフェを3軒ご紹介します♪

1.CAFÉ WA・SA・BI (ワサビ)

喧騒から離れ、ゆったりと過ごすカフェ

観光客でにぎわう「さんまち通り」から少し離れた通りにある「CAFÉ WA・SA・BI」。
その佇まいは、一見してカフェとはわからないほど通りに溶け込んでいます。

おしゃれなロゴが描かれたのれんをくぐって、早速、中へ。

カウンターの中で一杯ずつ丁寧にコービーを淹れてくれる店主の川畑さん。
お店のデザインや素敵なインテリアはすべてご自身で手掛けたものなんですよ。
輸入ものの青いランプがぐっと空間を引き立てます。

最高級トラジャ豆をベースにした「WA・SA・BIオリジナルブレンド(480円)」とデザートが登場!

コーヒーはカップ1杯半分が入ったドリッパーから自分で注ぐスタイル。
ネルドリップで淹れたコーヒーは、透明感がありながらコク深い味わいです♪

そして、デザートは…

ちょっと大人な「マスカルポーネのチーズケーキ(500円)」!
マスカルポーネにクリームチーズ、フレッシュクリームを加えたふんわりしたチーズケーキに、赤ワインで3時間以上じっくり煮たダークチェリーがたっぷり♪

うーん!たまらない美味しさ♡
必ず予約をして訪れるファンやリピーターがとっても多いというのも頷けます。
私もすっかりこのデザートの虜になっちゃいました!

趣きのある骨董品店と西洋風建築の「高山市図書館」が眺められる窓際の席は、何時間でものんびりできちゃいそう♪

高山を訪れたらぜひ、隠れ家のようなこのカフェを訪れてみてくださいね。

店名 CAFÉ WA・SA・BI
住所 高山市馬場町2-18
営業時間 10:30~17:30(LO17:00)
定休日 木曜日
TEL 0577-32-8735

2. soeur(スール)

川を眺めながらのんびり過ごせるモダンなカフェ

鍛冶橋の近くの商店街通りにあるモダンなカフェ「soeur(スール)」。
外国人観光客にも人気のお店なんですよ。

真っ白な壁と木のカウンター、天井の電球もとっても素敵。
このお店の特等席は、なんといっても一番奥のテーブル!
その理由は…?

窓から、すぐ横を流れる宮川が一望できるからなんです♪
さらさらと流れるきれいな川!
時々、鯉や鴨が泳いでいたりして、ほのぼのしちゃいます。

オーダーした「プレスコーヒー(460円)」はフレンチプレスという方法で淹れたもの。

岐阜市にある山田珈琲さんから取り寄せる単一農園のスペシャリティコーヒーを楽しむには、豆の旨みが抽出されるこのフレンチプレスがぴったりなんだそう!

一杯ごとに挽く豆にお湯を注ぎ、4分ほど蒸らしてからプレス。

ポットのコーヒーは1.5杯分ほどあるので、時間とともに変化する味わいもじっくり楽しめます。

人気の手作りスコーン(各220円)は、「飛騨りんごとシナモン」や「チョコチップ」といった定番のほか、季節ごとに違う味も♪

…スコーンも気になりますが、私が注文したのは、こちら!

お客様のリクエストから誕生したという、「ホットサンドセット(プレスコーヒーとのセット930円)」。

いただきまーす!

「ハムチーズ&トマトチーズサンド」はシンプルなだけに、しっかりした味わいの明宝ハムやフレッシュなトマトなど具材の美味しさが引き立ちます♪
結構なボリュームがありますが、美味しいからペロリと食べられちゃう!(笑)

ほかにもエスプレッソや自家製ケーキ、ワッフルなど気になるメニューがたくさん!
何度も通いたくなるなること間違いなしのオススメのカフェですよ♪

店名 soeur(スール)
住所 高山市本町2-35
営業時間 10:30~18:00 ※変更あり
定休日 火曜日
TEL 0577-35-2001

3.喫茶去(きっさこ)かつて

古い町並みに建つしっとりと落ち着く和カフェ

古い町並みとして知られる「さんまち通り」にある「喫茶去かつて」。
この通りは観光客が途切れることなく行き交っていてとってもにぎやかですが、一歩店の中に入ると…。

そこに広がる静かで落ち着いた空間は、まるで別世界のよう!

窓辺には、古いマッチ箱がさりげなく飾られています♪

オーナーの渡辺さんはご実家の建物をできるだけそのまま残して改築し、16年前にこのカフェをオープン。
昔から変わらない急な階段や歴史を感じる柱や梁にも、どこか懐かしさが感じられます。

1階のカウンター席やお座敷も素敵ですが、2階はまた違った趣があってくつろげます♪

格子窓からは向かいの建物の屋根瓦が見えて、にぎやかな通りにあるとは思えない静けさ。

壁には芸能人や大統領などのユニークな似顔絵が。
実はこれ、本業がグラフィックデザイナーである渡辺さんが週刊朝日に投稿している作品なんですって!

この空間にぴったりなメニューの「抹茶とわらびもち(750円)」をいただきます♪

器は骨董店などで集めたものだそう。わらびもちがより美味しそうに見えます(笑)

ひんやり、プルプルとして口どけの良いわらびもちとお抹茶で、ほっと一息♡

「喫茶去」とは禅の言葉で「お茶でもいかかですか」という意味。
お店の名前にも“おもてなしの心”が込められられているんですね。
高山散策で歩き疲れたら、体も心もゆったりと和むこのカフェを訪れてみてはいかが。

店名 喫茶去かつて
住所 高山市上三之町92
営業時間 10:00~17:00
定休日 水曜日
TEL 0577-34-1511

いかがでしたか。
高山といえば、朝市を訪れたり、古い町並みを散策したり、地元グルメを食べ歩いたり…と、楽しみ方はいろいろ。
でも、時にはこんな穴場のカフェで、時間を忘れてゆっくりと過ごしてみるのもいいですよ♪

掲載情報は2016年6月3日配信時のものとなります。
掲載時と内容が異なる場合がありますので、詳細は直接お問い合わせください。
> 情報の訂正・間違いのご報告はこちら
人気記事ランキング
人気記事ランキング
編集部オススメ記事
編集部オススメ記事
GiFUMATiCとは?
お知らせ
お問い合わせ
post
こんな記事を書いて欲しい!ここの特集をして欲しい!などのご意見、お待ちしております。
※こちらの投稿への回答は行っておりません。

送信前にチェックしてください。

このフィールドは空のままにしてください。

Load More...