すべてを選択
すべてを解除
close
詳細検索
カテゴリを選択 エリアを選択 並び順を選択 キーワードを入力
GiFUMATiC
MENU
Home>岐阜エリア>体験>一度は試したい!話題の“アイスクリームにかける醤油”をつくる 「たまりや 山川醸造」ってどんなとこ?
一度は試したい!話題の“アイスクリームにかける醤油”をつくる 「たまりや 山川醸造」ってどんなとこ?

一度は試したい!話題の“アイスクリームにかける醤油”をつくる 「たまりや 山川醸造」ってどんなとこ?2016.1.26

2,259 views

普通のアイスがみるみる美味しく♡

テレビなどで話題の「アイスクリームにかける醤油」って知っていますか?
甘~いアイスに、黄金色の醤油をかけて食べるんです!
え、アイスに醤油って合うの?って思いますよね。

アイスクリームにかける醤油

それでは試しに、パクッ。

なんとも言えない風味

うーん♡ とろけるアイスの甘さとうまく混ざって、キャラメルのような、みたらし団子のような、なんとも言えない風味が口にふわっと広がります。
これは病みつきになる…♡

アイスをみるみる美味しくしちゃう、この醤油を製造販売しているのは、岐阜市にある「たまりや 山川醸造」さん。
今回はその工場に潜入してきましたよ!

伝統製法を守ってつくる、全国でも珍しいお醤油。

山川醸造は昭和18年創業。「たまり醤油」を伝統製法で醸造している、全国でも本当に珍しい会社なんです。
たまり醤油とは、東海地区で古くから親しまれているご当地の醤油のこと。
色が濃くて、凝縮された旨みが特徴なんです。

建物に近づくと、そのまろやかな香りが漂ってきました♪

たまりや 山川醸造
工場見学

建物の中がどうなっているのか気になりますね。

さっそく工場見学スタート!

案内してくださるのは、3代目の山川晃生さん。

山川晃生さん

薄暗い建物内に、大きな桶がいっぱい並んでいます。

山川さん「これらは明治から大正時代に作られた杉の桶で、この中でたまり醤油を熟成させています。桶は蔵に約100本あるんですよ」

たまり醤油

桶から取り出されるたまり醤油は、すごく濃い色をしています!

そういえば「たまり醤油」って、ほかの醤油とどんなところが違うんでしょう…?
まずは簡単なクイズで、醤油のことを教えていただきました♪

東海地方のグルメは、たまり醤油があるおかげ。

山川さん「醤油の種類はいくつあると思いますか?」
普通の醤油と、たまり醤油の2種類?

醤油の種類

山川さん「5種類です。主にスーパーに並んでいるのが『こいくち醤油』と『うすくち醤油』。ほかにも、ここでつくっている『たまり醤油』、愛知県の『白醤油』、山口県の『再仕込み醤油』があるんですよ」。
そんなに醤油の種類があるなんて、ビックリ!

山川さん「最近では目にすることも少なくなったたまり醤油ですが、岐阜や愛知のうなぎ屋のタレや、うどん屋やそば屋のつゆには、だいたい使われているんです。私たちは意識していなくても自然と口にしているんですね。東海地方の食文化を長い間担ってきた重要なものなんです」。

東海地方の食文化

とても身近な調味料♪
山川醸造では東海地方のたくさんのお店にたまり醤油を卸しているんだそうです!

山川さん「醤油の原材料は何か分かりますか?」
それは自信あります。大豆♪

たまり醤油ができるまで

山川さん「一般的な醤油は、大豆、小麦、塩。でもたまり醤油はほとんど大豆からつくられます。たまり醤油は、醤油の原点なんです」。
昔からずーっと変わらない伝統的なものなんですね!

ほかにも、醤油の香りは、なんと300種類もあること、できたばかりの醤油の色は赤色ということなど、いろいろと教えてもらいました。

2年以上、じっくりと熟成させて完成です♪

大きな桶

この大きな桶の中で、どんな風につくられるんですか?

麹

山川さん「まずは、大豆を大釡で蒸して小麦を混ぜたものに麹菌をふりかけます。その後、麹室に3日間入れて“麹”にします。これがその“麹”です。これを杉桶に仕込み、その上に布、2トンの石、塩水を順番に入れて、2年以上熟成させるんです」。

2トンの石

2トンの石ってすごい量…!

仕込み中の桶

仕込み中の桶を、特別に上から見せていただきました♡
たまり醤油が出来始めています!先ほどの石が見えなくなっていますね。

煙突

杉桶の中はこんな感じなんだそう。
真ん中の煙突のようなものに、たくさんの穴が開いています。

山川さん「その穴を通ってたまり醤油が煙突に溜まっていきます。熟成がよく進むように、1週間に1~2度、職人が煙突からたまり醤油をひしゃくで汲み出して、発酵途中の諸味(もろみ)にかけて循環させているんですよ」。
100本の桶でその作業を行うのは、とても地道で重労働ですよね…!

旨みがぎゅっと詰まった、奥深い味に。

山川さん「熟成後、煙突の中のたまり醤油はそのまま取り出します。さらにこの諸味からも搾り出すんですよ」。

煙突の中のたまり醤油
諸味

諸味をこうやって平たくしてから…

たまり醤油

ぎゅぎゅっと圧縮。すると、ぽたぽたとたまり醤油が出てきました…!

絞ったばかりのものを味見してみます♪

旨みたっぷり

わぁ~! すっごくまろやかで、旨みたっぷり。
普通の醤油のような塩っぽさがなく、まるみを帯びていてほんのり甘い気がします♡

山川さん「色が濃いのはじっくりと熟成された証。これ以上ないところまで旨みが出ていますよ」。

ほとんど手作業で手間ひまかけてつくられるからこそ、深~い風味が生まれるんですね!

たまりベースの調味料やお菓子が、とにかく美味しい♪

最後に試食タイム。待ってました♡
山川醸造では、たまり醤油や、話題の「アイスクリームにかける醤油」(70ml 411円・税込)をはじめ、いろんな調味料やお菓子などを販売しているんです。

「漆黒」「ゆずゴマ」

今回は2種類を試食します♪

そうめんに、だし入りのたまり醤油のつゆ「漆黒」(300ml 710円・税込)と「ゆずゴマ」(100g 540円・税込)をかけて。
上品でコクのあるつゆが、そうめんにすごく合います。一流のうどん屋のものみたい!関市のゆずを使った香ばしい「ゆずゴマ」とも相性抜群です。

こんがり焼いた食パンには、「はちみつ醤油バター」(756円・税込)をつけて。

「はちみつ醤油バター」

ハチミツの甘さと醤油の香ばしさがパンにぴったりで、どんどん進んじゃいます♪
例えると、少し塩が効いた、キャラメルバターみたい!
気に入ったのでお買い上げしちゃいました♡

お菓子もたくさんそろっていますよ。
今一番人気があるのは「醤油ポップコーン」(540円・税込)。
「醤油チョコあられ」(483円・税込)は、冬だけの期間限定販売だそうです♪

「醤油ポップコーン」「醤油チョコあられ」「みのび」「浅五分 溜醤油」

もちろん、いつもの食事がグレードアップするたまり醤油もオススメ。
「みのび」(500ml 802円・税込)や家庭用に使いやすくした「浅五分 溜醤油」(1,000ml 648円・税込)は、煮物やすき焼き、照り焼きなどにどうぞ。

併設のお店には、ほかにもたまり醤油を使った商品がずらり!ふらりと買いに行きやすい雰囲気なので、ぜひ一度足を運んでその美味しさを体感してみてくださいね♪もちろん、お土産として買っていくのも、喜ばれること間違いなし!

たまり醤油を使った商品

醤油づくりの工程をじっくり見ることができる工場見学は、予約をすれば誰でも無料で参加できます!
「一度たまりを味わったら、普通の醤油では満足できなくなると思います」と山川さん。
子どもの頃に行った社会見学のような気分で訪れれば、伝統的な醤油づくりの様子にきっと感動するはずです。

※通常の工場見学は、衛生管理のため食品キャップをかぶって行います。

名称 たまりや 山川醸造株式会社
住所 岐阜市長良葵町1-9
営業時間 8:00~18:00
定休日 日・祝日、第2・4土曜
工場見学 電話またはメール(info@tamariya.com)にて要予約。無料。
TEL 058-231-0951
Web tamariya.com
掲載情報は2016年1月26日配信時のものとなります。
掲載時と内容が異なる場合がありますので、詳細は直接お問い合わせください。
> 情報の訂正・間違いのご報告はこちら
人気記事ランキング
人気記事ランキング
編集部オススメ記事
編集部オススメ記事
イベント情報
GiFUMATiCとは?
お知らせ
お問い合わせ
post
こんな記事を書いて欲しい!ここの特集をして欲しい!などのご意見、お待ちしております。
※こちらの投稿への回答は行っておりません。

送信前にチェックしてください。

このフィールドは空のままにしてください。

Load More...